カテゴリー

フローリング|タイプ・用途別

化粧合板|プリント・カラー

ガイド

フローリングについて

ショッピングについて
お問い合わせ

お問い合わせ先
0773-77-5032
メールアドレス
info@wakeari-f.com
営業時間
[平日] 10:00〜17:00まで
[土曜] 10:00〜12:00まで
2016年7月の営業日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
が定休日となっております。
RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

合板フローリング材の選び方 捨て張り用と根太張り用の解説

合板フローリング材は基本的に2種類、捨て張り用と根太張り用がございます。
どのタイプを選ぶべきなのか、用途別に解説いたします。

※捨て張り用の正確な名称は「直張り用」になりますが
マンションなどで使われる遮音フローリングの直張り用と勘違いされる場合がございますので
ここでは捨て張り用と記載しております。

  • 捨て張り用フローリング

    • 日曜大工やDIYでフローリングを施工される際の、もっともポピュラーな施工方法である
      上張り工法は、既存の床材の上に、新しい床材を施工いたします。
      この場合に用いられるのが「捨て張り用」になります。

      床組に対し合板などを下貼りし、その上に床材を施工する捨て張り工法の場合も「捨て張り用」になります。

      マンションなどで施工される、二重床も同様に「捨て張り用」になります。

      ※合板下地に張る場合や二重床 既存の床材に張る場合は「捨て張り用」をお選びください。


    根太張り用フローリング

    • 床組である根太タルキの上に床材を施工する根太工法に用いられるのが「根太張り用」になります。

      上記で説明した「捨て張り用」とは、強度が異なりますので
      根太工法で使用される場合は「根太張り用」をお選びください。

      ※根太張り用を捨て張り用として代用することは可能です。


    注意点

    • 捨て張り用や根太張り用は、戸建住宅の新築やリフォームに用いられる材料になりますので
      マンションなどのコンクリート床に、そのまま施工することは出来ません。
      コンクリート床に施工される場合は、二重床を組む必要がございますのでご注意ください。


関連ページ