カテゴリー

フローリング|タイプ・用途別

化粧合板|プリント・カラー

ガイド

フローリングについて

ショッピングについて
お問い合わせ

お問い合わせ先
0773-77-5032
メールアドレス
info@wakeari-f.com
営業時間
[平日] 10:00〜17:00まで
[土曜] 10:00〜12:00まで
2016年7月の営業日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
が定休日となっております。
RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

フローリング材1ケース分の施工面積とサイズ・計算方法について

お問い合わせの多い、合板フローリング1ケース分の施工面積と1枚分のサイズ
合板フローリングの厚さと施工に必要な数量の計算方法などについて解説いたします。

  • 合板フローリング 1ケース分の施工面積と1枚分のサイズ

    • 合板フローリングは、1ケースに1.818mm×303mmのサイズのフローリング材が6枚入っております。
      1ケース分を施工面積に換算すると 3.3平米 約1坪分の大きさになります。

      1坪分の大きさは、一般的な長方形の畳(琉球畳を除く)に換算すると、畳が約2枚分の大きさになります。
      ※畳の大きさは、地域により異なりますので、目安としてお考えください。

      ※上記サイズと異なる場合は、商品詳細にて記載しておりますのでご確認ください。


    合板フローリングの厚さについて

    • 合板フローリングの厚さは12mmになります。 12mmの他に9mm 15mmなどございますが基本的には12mmになります。

      ※上記サイズと異なる場合は、商品詳細にて記載しておりますのでご確認ください。


    施工に必要な数量の計算方法

    • 1.施工される部屋の平米数を割り出します。
      例:奥行き4m 幅3mの場合 4m×3m=12平米になります。

      2.割り出した平米数を3.3平米で割り、坪数を出します。
      ※3.3平米=1坪になりますので
      例:12÷3.3=3.636坪になります。

      3.坪数をケースに換算します。
      ※1坪=1ケースになりますので
      例:3.636坪=3.636ケースとなり3ケース分と0.636ケース分必要になります。

      ※フローリング材は、1ケースごとの販売となりますので、上記の場合は4ケース必要となります。


関連ページ